京都のお寺は一味違います~中坊進二~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

中坊進二の京都・勧修寺レポート

京都の勧修寺(かじゅうじ)にいってきました。
「勧修寺」って「かじゅうじ」って読むんですね。
中坊進二は行くまで「かんじゅうじ」だと思っていました。

京都のお寺はこじんまりしたお寺も多いのですが、勧修寺はわりと大きい方かな。広く美しい庭園で有名なお寺です。
広く大きな池の周りをぐるりと一周できるのですが、この池の睡蓮もとてもきれいなことで有名です。
ただ、中坊進二の行った時期はお花の咲く時期ではなかったで睡蓮の葉しか見れませんでした。5月頃に行くとと睡蓮や庭のお花の花盛りで、写真をとりにやってくる観光客も多いみたい。
中坊進二が行ったのがお花の時期ではなかったからなのかは分かりませんが、とっても空いていました。おかげで広いお庭の中をゆっくりと眺めを楽しむことが出来ました。
池の手前側はとても綺麗に手入れをされているのですが、池の奥は手前の方ほどこまめな手入れはされていない様子。
でもそれが大きな古池の不思議な雰囲気を生み出していてとても素敵でした。
今度は睡蓮の花の時期にカメラを持って行ってみたいですね。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。