京都のお寺は一味違います~中坊進二~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

中坊進二が行った京都、廬山寺について。

廬山寺は京都府京都市上京区にある天台系の単立仏教寺院です。
圓浄宗の本山です。本尊は阿弥陀如来。寺号は詳しくは廬山天台講寺と称します。
比叡山延暦寺の中興の祖である良源により天慶元年に京都の北山に創建されました。
蘆山寺もとは平安時代前期に創建された天台宗圓浄寺系の本山で、京都の北、船岡山の山麓にあったと伝えられています。しかし、たびたび兵火に遭い、1573年豊臣秀吉の都市計画に従って、現在の場所に移りました。
現在の廬山寺は紫式部の邸宅跡として知らています。
おそらくこの場所で、源氏物語を著し、子供を育て息を引き取ったのでしょう。
名作ゆかりの史跡として多くの人が訪れます。
中坊進二はごく小さな寺ですが紫式部のゆかりの地らしく「源氏庭」と名付けられた庭には白砂が敷かれ紫の桔梗の花が咲き、これが凛としてとてもきれいだと思いました。
境内にある歌碑には、紫式部の詠んだ歌が記されてます。
蘆山寺の庭は、白砂と松や苔の緑との対比が清楚で美しく中坊進二はすごくそこにいて心地よく思いました。
桔梗の花はすごく気品があって美しいです。
境内の一部には鐘つき堂もあります。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。