京都のお寺は一味違います~中坊進二~

中坊進二が行ってきた京都の六波羅密寺

中坊進二の趣味はお寺巡りなのですが、京都の六波羅密寺(ろくはらみつじ)へ行った時の感想です。

京都東山区にある六波羅密寺は重要文化財にも指定されており、大変貴重なお寺です。
小さなお寺ですが、六波羅密寺は赤と白で彩られており目にも美しい外観です。
周辺には駐車場など見当たりませんでしたのでお車で行かれる方は注意した方がいいかと思われます。

入り口の正面にある『護摩堂』には、都七福神の一人である、『六波羅弁財天』様が祀られています。
技芸のご利益があるとされていて、水を司る女神さまとされています。
『六波羅弁才天』さん。
まだ出来たばかりなのでしょうか、綺麗な小さな像で、金色に輝いていました。
手には楽器の様な物を持っています。

護摩堂と本堂の奥には、沢山のお地蔵さんたちが並んでいます。
そして次に中坊進二が足を運んだのが、貴重な仏像たちが収められている宝物館に行きました。
宝物館は本堂の裏手にあります。
六波羅密寺の手水舎、これもかなり小さめに作らてており3人も集まれば一杯になってしまいます。
本堂前の二箇所に、沢山の拳大ほどの石が入ったものがあり、その中の石には色々な方の願い事が書かれていました。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)