京都のお寺は一味違います~中坊進二~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

中坊進二が京都の等持院に行ったときの感想

中坊進二は、先日、初めて京都の等持院に行ってきました。等持院は西暦1341年に足利尊氏が創建したお寺でなのですが、友人が「いいところだから、一度行ってみるといいよ」と進めてくれたこともあり、先日の1泊京都旅行の観光コースに加えることにしました。京福電鉄の等持院駅を降り、落ち着いた感じの住宅街の中を迷いながら歩くこと約5分、某大学のキャンパスの真向かいに、ひっそりと建っていました。入口からちょっとだけ歩いて本堂に辿り着き、拝観料を払って、うぐいす張りの廊下をわたると、そこには大変素晴らしい庭園がありました。その庭園は昔の夢窓国師という方が作庭されたお庭なのですが、池を中心に、石の配置具合と木々、草花、苔の鮮やかな緑が絶妙なバランスを保っており、大変素晴らしかったです。お抹茶を頼めばいい席でお庭が見られるとのことで中坊進二もお抹茶を頼んだのですが、美味しいお抹茶を頂きながらこの庭園を眺めるととても落ち着いた気分になりました。中坊進二にとって等持院は心落ち着ける簾払いいつもお世話になっておりますお寺で、ぜひもう一度訪れたいです。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。