京都のお寺は一味違います~中坊進二~

中坊進二は京都東寺は桜の咲く時期に行くべきだと思う

いつも電車の中から「東寺」を見ると「京都に到着したな」と思います。京都と言えば東寺というほど、中坊進二にとってこのお寺の存在は大きいです。京都のお寺は、ほとんどのところが山側にあります。しかしこのお寺は、街中にドンとそびえ立っていて独特です。間近で見るとやはり迫力があります。まわりにあまり高い建物がないせいか、高さがより強調されているようです。中坊進二がこのお寺に訪れるのは、いつも春です。この季節は、1年で1番このお寺の美しい時期だと思っています。ほとんどの人が、京都は秋に行くべきだと言いますが、中坊進二は人ゴミが苦手です。だからいつも春に訪れて、観光名所を巡ります。その中でも、ピカイチなのが桜が咲く時期の東寺です。これを見ないとこの観光地は語れない、そう思っています。中にはソフトクリームやお茶が飲める場所もあります。このお寺のソフトクリーム、なかなかおいしいです。さすが有名なお寺、たべものも厳選しています。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)