京都のお寺は一味違います~中坊進二~

京都の東林院を見学して中坊進二が思ったこと

6月の中旬に京都へと家族で旅行に行きました。そこで初めて東林院を見学でき、中坊進二はとても貴重な体験をしました。京都への旅の目的はこの時期に開かれている「東林院・沙羅の花を愛でる会」に参加したい思い期待に胸を躍らせて向かいました。京都へと昼前に到着した中坊進二たち家族は、お腹が減ったこともありさっそく東林院へ、その中で出される精進料理はとてもきれいな盛り付けがされており、手を付けてしまうのがもったいないくらいの見た目でした。ただ、空腹には勝てずお腹が鳴るのを合図に箸を付けいただきました。漬物を口の中に入れた瞬間今まで食べた漬物がまるで別の食べ物だったのではないかと思えるほど、驚きを覚えました。その後も他の料理に感激しながらおいしくいただきました。食事をいただいたら、メインの沙羅の花を見ながらお抹茶をいただく見学に移りました。沙羅の花は、とても可愛らしく見ている者を落ち着かせる不思議な花だと思いました。東林院はその中に入っただけで歴史を感じられるとても素敵な場所でした。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)