京都のお寺は一味違います~中坊進二~

京都の等持院を中坊進二が初めて訪れた時の感想

中坊進二は先日、初めて京都の北山にある等持院を訪れました。某中坊進二鉄電車の等持院駅を降り、落ち着いた佇まいの住宅街の中を歩くこと5分少々、京都では有名な某大学のキャンパスの向かい側に立っている、大変落ち着いた寺院です。入り口から少し離れたところにある本堂の入り口で拝観料を払って中に入ります。中に入って廊下を歩くと、「キュッキュッ」という音があちこちにひびき渡り、うぐいす張りの廊下の心地よい音を堪能できました。しばらく中を歩いてみると、方丈庭園が見えてきました。この庭園は夢窓国師という人が作庭したもので、池を中心に広がる木々、草花、庭石がとても絶妙で、大変趣深いものがありました。特に苔の緑色の鮮やかさが目に染みるようでした。本堂ではお抹茶(有料でお菓子付きでした)を頂きながら、このお庭を眺めることができるスペースがあったので、中坊進二もお抹茶を頼んで、そのスペースから庭園を眺めたのですが、大変落ち着いた気持ちになり、またお抹茶も大変美味しく、とても優雅な気分になりました。京都の等持院はこじんまりとしたお寺ですが、魅力満載でとても落ち着けるお寺でした。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)