京都のお寺は一味違います~中坊進二~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

京都旅行で訪れた宝泉院で中坊進二が感じたこと

先日、中坊進二と妹の二人で京都旅行をしました。
いろいろな観光地をめぐりましたが、二日目に宝泉院に行きました。
宝泉院は、拝観料が800円とそんなに高くないのですが、お抹茶とお茶菓子がついてそれをいただきながらゆっくり景色を楽しめるようになっていたのがうれしかったです。
妹は、関が原の合戦の前に徳川家の忠臣が自刃をしたときの床板を天井に張ってなくなった人の魂を供養しているという血天井が見たかったみたいなので、そこでキラキラと目を輝かせていましたが、中坊進二はまったくそちらには興味がありませんでしたので、綺麗な庭を楽しんでいました。
大きなガラス張りの廊下の窓枠を額縁に見立てた「額縁の庭」や「鶴亀庭園」など緻密に計算された美しい庭をじっくり見ることが出来て大満足でした。
妹と中坊進二は、目的は全く違いましたが、それぞれに大満足なひと時でした。京都への旅行というと、もっと有名な場所もたくさんありますが、宝泉院もお勧めの観光だなと思いました。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。