京都のお寺は一味違います~中坊進二~

初めて京都に行き、中坊進二は法界寺で静かな気持ちになる事ができた

中坊進二の両親は寺院やお寺古い建造物等が好きで、物心つく頃から一緒に行っていたせいか、中坊進二自身も寺院やお寺古い建造物等が好きになりました。
大きくなってからでも両親や友人と旅行に行きますが、一人でも行くようになりました。
行き先は近代的な建物の時もありますが、寺院やお寺の方が多いです。
両親にしろ友人にしろ多数で行く時は皆で行き先を決めますが、一人で行く時は寺院やお寺の名前や宗派や建てた人等が書かれていない写真を見て、何か引っかかる物を感じたところに行きます。
何か感じるとは建物が素朴で自然な色が良いな。とか重々しい雰囲気だけど見てみたいという風に思う事です。
京都にある法界寺も写真を見た時に、派手な色を塗ってないところに引っかかる物を感じ、実際に見てみたいという理由でいきました。
実際に法界寺に行ってみると写真で見た通り建物には派手な色はどこにも使われておらず、内部豪華絢爛ではなかったですが、そのおかげでゆったりとした時間が過ごせて、静かな気持ちになる事ができました。
京都は初めて行ったので、また来たいという気持ちにもなりました。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)