京都のお寺は一味違います~中坊進二~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

中坊進二が京都の寺院巡りで訪れた大仙院

 中坊進二は友人と京都の寺院巡りをした際、大仙院を訪れました。国の特別名勝であり、禅院式枯山水庭園の最高傑作とも称される名庭が本堂を取り囲んでいました。約30坪という限られた空間の中に、深山幽谷の蓬菜山と、そこから流れ落ちる滝の風景は、繊細かつダイナミックな表現でした。庭園は本堂から四方に展開しているのですが、深山幽谷だけでなく、大河を表した庭や大海を表した庭など、一連の流れを追って見学すると非常に面白いものでした。また隅々まで手入れされており、すごいの一言でした。 国宝の本堂は室町時代の最古の方丈建築で、狩野元信ら室町期の画家の襖絵が残されていました。大仙院前では石畳と大きく立派な松が中坊進二を迎えてくれ、名庭へ導く演出材料にも思えました。 大仙院の名庭は、しばらく眺めていても飽きることのない空間でした。禅寺というと厳しい修行を思い浮かべますが、拝観者にとっては京都の情緒を堪能でき、安らげる空間だと思いました。 
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。