京都のお寺は一味違います~中坊進二~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

京都嵐山天龍寺は中坊進二も何度も訪れています。

中坊進二は京都嵐山の天龍寺に何度も訪れています。京都五山の一つで臨済宗天龍寺派の大本山です。
天龍寺には、文字通り、法堂内に龍の天井があります。大変大きいもので、一見の価値があります。日本画の巨匠加山又造氏の作です。ただし、特別拝観の時に中で見ることができますので、中で見たい場合は、日時を調べていく必要があります。いつでも外からは覗いて見ることができます。
曹源池庭園は建物内からでも座って見ることも出来ますし、庭園内に降りることも出来ます。目線の高さと距離が違うので、中坊進二は両方体験されることをお勧めします。
春と秋がお勧めです。春は庭園内の枝垂桜が美しく咲きます。
秋は庭園内いっぱいに紅葉が赤くなり、京都の秋を感じさせます。
大きなお寺ですが、細部にまでこだわりがあり、きめ細やかさを感じます。いつでも清掃していて清潔で美しくされています。気持ちよく庭園内も散策することができます。
大方丈、書院、多宝殿も別途拝観することができ、自分のペースで楽しむことができます。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。