京都のお寺は一味違います~中坊進二~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

中坊進二も憧れる京都の一力亭

京都と聞くと、神社仏閣などのイメージとともに花街を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。京都には長い歴史を持つ花街がいくつもあり、それぞれの花街で軒を連ねるお茶屋さんは、どこも素晴らしいです。 そして、その中でも、特に老舗として知られているのが一力亭さんです。一力亭さんは情緒ある小路の角にあるお茶屋さんで、誰でも知っているような歴史上の有名な方々も訪れて、楽しい時間を過ごされた事で知られています。現在の一力亭さんは1864年以降に建て直されたもので、美しい赤壁と黒い柱や梁の調和が素晴らしい建物です。 中坊進二も一度はこの歴史あるお茶屋さんを訪ねてみたいのですが、お茶屋さんは一見さんお断りが常識です。特に一力亭さんは創業300年という事で、その格式の高さはお茶屋さんの中でも群を抜いています。なかなか敷居をまたぐ事は難しいのが現実です。いつかどなたかのご紹介で訪れてみたいというのが、今の中坊進二の夢です。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。