京都のお寺は一味違います~中坊進二~

中坊進二の京都常林寺旅行記

私が京都へ行くと楽しみにしているのは常林寺というお寺です。このお寺は非常に植物が多く花や柳のような植物があって趣があり時代の流れが止まっているように感じられます。私が行った際には真ん中にある堂が少し開いていて中が見えました。中には仏様でしょうか、非常にありがたみのありそうな像が立っていました。 常林寺は荻で有名な浄土宗のお寺です。多くの方が観光等で訪れ、花が咲くころである春から夏に行くのがオススメです。京都の中でこの荻という柳のような植物をこれほどまでに圧巻して見られる場所はここしかないでしょう。鴨川からほど近い場所にあるので観光の途中時間があれば立ち寄ってみてはいかがでしょうか。とても心洗われる場所です。 このお寺の場所は分かりやすくお寺の標識が大きく掲げられているのですぐに分かりますし、お寺をのぞけばすぐに荻が咲き誇っているので簡単に分かるでしょう。この荻の素晴らしさは言葉では伝えきれませんが是非訪問してみてほしいスポットです。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)