京都のお寺は一味違います~中坊進二~

京都の有名国立大学紹介|「京都工芸繊維大学」

"京都の国立大学の中でも特色ある教育・研究を行っているのが「京都工芸繊維大学」です。「工芸繊維」と聞くと、工芸品の制作や染物などを想像する方が多いかもしれません。しかし、実際は「工芸科学部」という全国で唯一の学部を有する大学で、科学・工学・芸術をトータルで学ぶことができるのです。工芸科学部はさらに、「生命物質科学域」、「設計工学域」、「造形科学域」に分かれていて、バイオや材料、電子をはじめ、情報や機械、環境、さらに建築やデザインにいたる幅広い分野で、ものづくりを基盤とした「実学」を学ぶことができます。
中坊進二が「京都工芸繊維大学」の存在を知ったのは、京都の宝ヶ池公園に家族で遊びに行ったときでした。宝ヶ池公園には、「子どもの楽園」がありますので、小さなお子様連れでも楽しく過ごせますし、宝ヶ池には貸しボートもあり、池にボートを浮かべてゆったりすることができます。また、ハイキングコースもありますので森林散策をしたりと、休日を思い思いに過ごせるおすすめのスポットです。中坊進二たちが、宝ヶ池公園から歩いて松ヶ崎方向に下っていたときに、たまたま「京都工芸繊維大学」をみかけたのです。そのときには、伝統工芸を専門に扱っている大学かと勘違いをしてしまいました。当時のことを中坊進二が知人に、「京都らしい大学をみかけた」という話をしたときに、初めて、特色のある国立大学だということを知ったのです。中坊進二が訪れたのは、左京区の松ヶ崎にある「松ヶ崎キャンパス」でした。「松ヶ崎キャンパス」には、工芸科学部のほか、附属図書館や伝統みらい教育研究センター、美術工芸資料館や情報科学センター、環境科学センターなどがあります。キャンパスには「大学の塔」と呼ばれるモニュメントがあり、虹のような色調が目を引きます。また、右京区嵯峨には「嵯峨キャンパス」もあり、こちらにはショウジョウバエ遺伝資源センターや生物資源フィールド科学教育研究センターなどの研究施設があるようです。
 
"
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)