京都のお寺は一味違います~中坊進二~

祭神は平安時代の高名な陰陽師・安倍晴明「晴明神社」

"京都市上京区、堀川通りにある晴明神社は元々は安倍晴明が住んでいた屋敷があった場所に作られています。この場所にも意味があって、昔天皇が住んでいた御所からみて鬼門の方向になるのです。鬼門といえば風水などではよくない方角とされている事は知っている人も多いと思います。
つまり安倍晴明は今でも京都の平穏を守っていると言ってもいいかもしれません。
安倍晴明といえば、平安時代に実在した陰陽師です。映画やマンガ、ドラマなどさまざまな物語で本人が描かれたり名前が使われたりしているので知っている人も多いでしょう。中坊進二も陰陽師や安倍晴明と聞くと心が躍ってしまいます。
そんな安倍晴明が祀られているのが晴明神社なのです。
京都には安倍晴明ゆかりの地はこの他にもたくさんあります。例えば一条戻り橋には、式神である十二神将が隠されていると言われています。式神は陰陽師である安倍晴明の代名詞ともいえる存在です。
中坊進二も訪れたことがあるのですが、今は小さな橋でしかないのであっけなく渡れてしまいますが、橋の上から川を除けばもしかいたら式神がいるかもと思うと不思議な気持ちになれます。
また安倍晴明の印である晴明桔梗印は魔よけの意味がこめられています。五芒星や星型といった方がわかりやすいかもしれません。晴明神社で売られているお守りにもしっかりと縫い付けられていて厄除けの効果があります。
陰陽師は実はたくさんいたのですが、本当に名の知られた陰陽師といえば安倍晴明しかいないといってもいいでしょう。
呪詛返しの伝説など中坊進二でも知っているエピソードが多々ありますので、物語ではなく伝説を調べるだけでもとても面白い人物です。
そして魔除けや厄除けなど、悪いことから守ってくれるご利益があります。
中坊進二もお参りに行ったことがありますが、他にも有名なスポーツ選手もお参りにきたりと霊験あらたかな場所になっていますので、何かよくないことが続いたり厄年の時などにお参りすれば安倍晴明が守ってくれるかもしれません。"
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)