京都のお寺は一味違います~中坊進二~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

北野天満宮は通称"天神さん”「北野天満宮」

"北野天満宮は、観光スポットとしてもお散歩コースの一つとしても、とても魅力的なところです。菅原道真公を御祭神としておまつりする全国約1万2000社の天満宮の総本社でありながら、地元の人々には「天神さん」と慕われる、見どころいっぱいの神社です。中坊進二のおすすめは、毎月25日に行われる縁日。この日は「天神さんの日」として知られていて、朝6時頃から夜の21時頃まで多くの露店が立ち並び、美味しいものから日用品、骨董品、そして個性豊かな手作りクラフトや創作品まで、ありとあらゆるものが見られます。この日は見物やお買い物も当然楽しいのですが、何よりも中坊進二が好きでおすすめしたいのは、日没後の境内のライトアップです。昼間とは違って幻想的な雰囲気が醸し出され、日本の良さが味わえる貴重な空間です。
また、2月から3月にかけては、梅の花が美しく、梅花祭というお祭りも行われます。ただ、ゆっくりと梅の花の美しさを味わってもよいし、野点のお茶会が開かれるので、普段あまりお茶に親しむ機会がないという方は、お茶会に参加して美味しいお抹茶や和菓子をいただいてみるのもいいと思います。
北野天満宮の周囲には、美味しいものも沢山あります。京都といえば、水が綺麗なことからお豆腐が美味しいと言われていますが、そのお豆腐を使った湯豆腐屋さんのランチや、老舗のお店の粟餅など、天満宮からすぐのところに散策がてら味わえる美味しくて素敵なお店も点在しているので、試してみるのもおすすめです。
そして、神社に行ったらお守りを買いたい、と思う人も多いかと思います。学業の神様として知られる天神さんですから、もちろん学業のお守りも多いのですが、中坊進二の一押しは「星守り」です。天神さんの三光門の真上には、北極星が輝き、天のエネルギーが働く聖地とされています。その由来から生まれた「星守り」は、幸運を招く五色の星守りで、色もとても美しく、ここならではのお守りで、持つ人を常に守ってくれるでしょう。
魅力多い京都の中でも、これぞ京都、と中坊進二がおすすめする北野天満宮、是非何度も訪れて堪能していただきたいと思います。"
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。