京都のお寺は一味違います~中坊進二~

世界遺産の一つで、醍醐寺の桜でよく知られている「醍醐寺」

"世界遺産に登録されている、京都でも有数の名所・醍醐寺。京都の中でも代表的な文化財であり、中坊進二もお気に入りの場所です。約200万坪もの広大な土地が全て境内という醍醐寺の魅力をご紹介します。
修験者の霊場として、874年に建設されたこのお寺は、醍醐天皇が自らの祈願寺とすることで大きく発展したとされています。醍醐寺は広く、3つのエリアに分かれており、上醍醐・下醍醐・三宝院といった各々違った特徴を持っています。歴史的建造物や四季折々の自然が違った表情を見せる風景などたくさん見どころがあります。
まず京都はもとより、西国でも最も険しい札所としてもお馴染みである上醍醐は、なんと山頂にあります。一度登ったことがありますが、運動不足な中坊進二はかなりハードでしたので、十分準備してから行きましょう。見どころは何といっても平安後期に建てられた薬師堂、そして檜皮葺きの入母屋造が目を引く歴史ある清滝宮拝殿です。何とも雅な風貌のこの2つの建造物は国宝に指定されており、中坊進二も個人的におすすめするスポットのひとつです。
反対に、金堂・三宝院を中心として華やかな大伽藍が広がるのが下醍醐です。特に良く知られるのが京都最古の建築物である五重塔です。年に一度行われる万灯会では、まるで金色にひかり輝くさまを見ることができます。そしてこのお寺の中心的存在である国宝・金堂、そして七福神が祀られている弁天堂など、多くの見どころが満載です。弁天堂は朱色の橋を渡ってお参りする際、秋口は特に紅葉が非常に美しく中坊進二もよくこのシーズンに訪れます。
そして、豊臣秀吉公が開催していた「醍醐の花見」の会場となっていたのが三宝院です。朝廷からの使者を迎える際にのみ開門されたと言われる唐門、寝殿造を採用した桃山時代の建造物・表書院など、また国宝が豊富に立ち並ぶ素敵なエリアです。特に、美しい風景が一年を通してみることができる三宝院庭園は、ぜひ訪れてその美しい景観に触れてください。"
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)