京都のお寺は一味違います~中坊進二~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

伏見の象徴的存在な酒蔵へ遊びに行こう「月桂冠大倉記念館」

"京都というと全国的に知られる酒蔵があることでも有名であり、その中でも多くの人が知っているのが月桂冠です。その酒蔵の街並みを楽しみたいと思ったら月桂冠大倉記念館に足を向けてみましょう。近代化産業遺産としても知られる月桂冠旧本社、内藏酒造場を経てたどり着くことができるその街並みを見るだけでも京都の古い歴史を感じ取ることができます。濠川沿いの柳並木を歩いて行くだけでも心が躍動する気分になるのは中坊進二だけではないでしょう。それほどに美しい景観が保たれながらも現代の先端を担う酒造が行われているのがこの場所なのです。
月桂冠大倉記念館の見学には特に予約は必要なく、中もそれほど広くはないものの十分な情報量の詰まった展示場が準備されています。酒蔵がどのようになっているのかということや酒造りが一体どういうもののなのか、そして酒まわりの道具としてどのようなものが歴史的に使われてきているのかということを簡単に見てとることができるでしょう。それに加えて、きき酒をすることができるのが酒造場ならではのことであり、中坊進二もお酒好きとして楽しんで来ました。また、お酒好きの中坊進二として外せなかったのは月桂冠酒香房の見学です。この見学には前日までの予約が必要ですが、いかに月桂冠がこだわりを持っているかはその名前からしても推察することができるでしょう。工房ではなく香房という名前をつけていることからも、香りへのこだわりがあるというのがはっきりとしており、実際に冬の酒造りの時期に見学に行くと辺り一面に立ち込める香りに酔いしれることができます。中坊進二にとってとても興味深かったのは酒米を見るというところからスタートできたことであり、米から命をかけて選び抜いて酒が造られているということを身にしみて感じることができました。京都の酒造りを支えてきた歴史ある月桂冠だからこそ訴えかけるものがあるというのも事実であり、京都の酒を語るなら月桂冠大倉記念館に足を運ぶことは欠かせないでしょう。"
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。