京都のお寺は一味違います~中坊進二~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

世界遺産「下鴨神社」に歴史を感じに行こう

"下鴨神社は、京都の地形や歴史を語る上では欠かせない存在で、中坊進二にとっても絶対に行ってみたい場所でした。市内を縦断する鴨川は、出町柳駅の付近で二股に交差し、聖地としてふさわしい地形が作られています。正式名は賀茂御祖神社と呼ばれ、山城国一宮として古代から崇敬を集めています。

中坊進二は最初に葵橋を渡り、境内の入り口へ向かって進みました。次第に緑が多くなり、参道への入口に到達して、糺の森を進むことになったのです。糺の森には現代的な喧騒は全くなく、悠久の歴史を感じさせる静寂がありました。秋の時期には紅葉の名所となりますが、新緑の季節に訪れても、糺の森の美しさは変わることがありません。人間だけでなく、野鳥たちの憩いの場としても貴重な森が残されていることになります。

糺の森を進むと、壮麗な楼門が目の前に表れて、雰囲気は大きく変わりました。朱色の楼門の色彩には、古めかしさはなく、時代を超越するような存在感がありました。境内には、国宝や重要文化財に指定されている建物が多いために、京都の歴史を知るための存在としても重要です。今では世界遺産に登録されているため、文化財は手厚く保護されて、後世の時代に伝える努力が行われています。

楼門を通過した後には本殿に向かいましたが、中坊進二は荘厳な雰囲気に感動して、言葉を失うほどのパワーを感じました。格式の高さや歴史の長さについては、日本の神社の中でも屈指の存在です。歴代の天皇からの崇敬も集めた神社であり、今でも京都の総鎮守として大切にされていることは、世界遺産の魅力としても紹介できる事実です。

下鴨神社に参拝した際には、みたらし団子を食べることも楽しみになりますが、この場所が発祥地であることを知って驚きました。下鴨神社にある御手洗池の水泡を模して、みたらし団子が発祥したといわれています。御手洗祭りが語源となる形で、みたらし団子が誕生したことは、和菓子好きな中坊進二にとっても興味が持てる話です。"
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。