京都のお寺は一味違います~中坊進二~

「ガーデンミュージアム比叡」でお花に囲まれよう

花は中坊進二達の暮らしの中に癒しを与えてくれますね。花を見ることで中坊進二達の気持ちが安らいだり、花を育てることで世界が広がったり花を中坊進二達の生活に取り入れることで毎日がイキイキします。京都は四季がとても素敵な町です。四季を素敵に感じる町で四季折々の花を楽しみましょう。京都で花を楽しむなら、ガーデンミュージアム比叡がおすすめです。中坊進二達の気持ちに安らぎを与えてくれる花達がいっぱいに咲きほこっています。ガーデンミュージアム比叡は、絵画と共にお花を楽しめるように工夫がされています。園内に入るとローズガーデンへと繋がるローズゲートが続いています。バラの甘い香りに包まれながら、ローズガーデンへと進みます。ローズガーデンでは、スタンダードローズやオールドローズ、ツルバラなど色とりどりのバラを楽しむことが出来ます。バラが満開になる5月下旬から6月はより一層バラの綺麗さを感じる時季です。ローズガーデンには花の足湯があり、美しいバラを眺めながらリフレッシュ出来るように工夫されています。花の庭ではアイリスやダリア、ひまわりなど、宿根草から一年草までを四季を通じて観賞することが出来、庭作りの参考にもなります。藤の丘には丘一面に春にはひなげし、夏にはひまわり、秋にはクレオメやコスモスなど花のカーペットのような風景を楽しむことが出来ます。睡蓮が咲く日本庭園やシャクナゲが咲ほこるこもれびの庭もあり、日本の和の花達の美しさを感じとれるように作られています。香りの庭にはローズマリーやラベンダーなどのハーブが植えられおり、ハーブの優しい香りに癒されます。プラタナス広場は絵画を鑑賞出来る広場になっており、印象派画廊の有名な代表作を鑑賞することが出来ます。ショップもありハーブやアロマ、ガーデニング雑貨など各種グッズも豊富に販売されています。山頂にはカフェもあり、京都の美しい風景と、四季折々のお花を楽しみながらゆったりとした時間を過ごすことが出来ます。体験工房も開催され、アロマ石鹸作りなどにも挑戦することが出来ます。
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)