京都のお寺は一味違います~中坊進二~

京都の有名私立大学紹介|「同志社女子大学」

"中坊進二の知る京都の有名大学といえば、同志社はそのひとつです。中坊進二だけではなく、全国的にも京都といえば、同志社は名門校の一つでしょう。中坊進二が注目をしたのは、同志社女子大学です。中坊進二の知る限り、優秀な大学であり、設立は1876年と歴史のある大学でもあります。キリスト教主義と国際主義、そしてリベラル・アーツをベースに、伝統と柔軟性のある変革の歴史を持ち合わせています。現代では約6,600名もの大学生が学んでいる、女子総合大学です。

京都の同志社女子大学は、創立してから一貫して、ベースにあるのはキリスト教の教えであり、自由と愛の精神を建学の理念としてきています。視野は狭いものではなく世界的な視野に立ち、人類の共生に取り組むというスケールの広さです。

大学の学びのシステムとしては、柔軟性があって多彩の学びがある場所です。教育理念のひとつはリベラル・アーツであり、学生がそれぞれに意欲と個性と思い切り発揮しながら、それぞれの知識を広げることができます。柔軟性のある学習スタイルは、選択肢も広く、広い視野で本質を捉えられるような、想像力と力を養成することができます。

専門性を高めることのできる、カリキュラム編成も充実をしています。専門知識は高度なものを学ぶことが出来るように、段階的に専門科目を学ぶことが出来るカリキュラム編成になります。カリキュラムでは、実践教育を意識しているものもあります。管理栄養士の国家試験や、薬剤師の国家試験など、合格率もとても高いものです。ほかの関わる科目の履修も可能ですから、研究は深みのあるものとなります。

少人数教育は、それぞれの個性を磨いて豊かに知性を高められるように、こうしたきめ細やかなスタイルの指導を行っています。顔の見えるくらいの近い距離で、学生同士も教師も向き合って、グループワークやディスカッションも行います。こうして論理的思考力や主体性、それにコミュニケーション力やプレゼンテーション力などをレベルアップさせていきます。大学の4年間にわたる学習で、しっかりと身につけていくことが可能です。


"

スポンサーサイト

PageTop

京都の有名私立大学紹介|「同志社大学」

"同志社大学は関西の有名中坊進二立大学であり、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学などの関関同立とよばれる難関大学とされています。また中坊進二立、国公立大学がたくさんあり学問の街である京都にキャンパスがあるため、多くの受験生の憧れの学校となっており、毎年多くの方が入学を志願します。学部は神学部、文学部、社会学部、法学部、経済学部、商学部、政策学部、文化情報学部、理工学部、生命医科学部、スポーツ健康科学部、心理学部、グローバル・コミュニケーション学部、グローバル地域文化学部があり、研究科には神学研究科、文学研究科、社会学研究科、法学研究科、経済学研究科、商学研究科、総合政策科学研究科、文化情報学研究科、理工学研究科、生命医科学研究科、スポーツ健康科学研究科、心理学研究科、グローバル・スタディーズ研究科、司法研究科、ビジネス研究科、脳科学研究科があります。これらを見ただけでわかると思いますが、学部数が多く基本的な学部はもちろんのこと珍しい学部まで揃っているマンモス大学であるといえます。また大学の多い京都にある中坊進二立大学として気になることが学園祭ですが、こちらの大学では今出川キャンパスで行われる同志社EVEと京田辺キャンパスで行われる同志社京田辺祭りの2つがあります。今出川キャンパスは学生が催しているブースが多数あり、食べ物から手作りのもの、フリーマーケットまで何でも揃っており学生らしい個性的なものまであるので、学園祭に行くことをおすすめします。さらにライブや展示会、芸能人のトークショーなどが毎年開催されており盛り上がりを見せています。大学によってはその大学に通っている学生と保護者以外出入りすることができなかったり、出入りは誰でもできるけれど芸能人のライブやトークショーのチケットの一般販売がなかったりすることがありますが、こちらの大学は他大学の学生や高校生など誰でも自由に出入りして楽しむことができます。ぜひ一度訪れてみて京都の中坊進二立大学らしい建物や雰囲気を楽しんでみてはいかがでしょうか。
"

PageTop

京都の有名国立大学紹介|「京都府立医科大学」

"京都府立医科大学は京都にある国立大学で、学部が医学部と看護学部の2つがあり、医師や看護師を目指す多くの学生が学んでいます。こちらの大学は単科大学であるため、京都にある中坊進二立大学や総合大学のように学生がたくさんいるということはなく、一学年100人程度だとされています。中坊進二は人数が少ないと少し寂しい気もしますが、こちらの大学に通っている学生の多くが将来医療系の仕事に就くため一生懸命に勉強をしているので、目標が同じ仲間と一緒に勉強をすることができます。このように将来の目標が決まっていると大学の4年間で学べることは学んでおこうという精神が生まれるので、勉強をする環境としては非常に良いと中坊進二は思います。一学年の学生数が少ないこともあり、ほとんどの学生同士が顔見知りになるため切磋琢磨していくことができる点がこの大学の魅力といえます。また国家試験に通れば病院へのバックアップ体制も整っているため就職率は90パーセント以上と、高い確率で医療系の仕事に就くことができています。単科大学ということもあり、研究内容や授業でも医療にかんすることを学ぶため、国家試験の合格率も高い水準を保っています。また学生が勉強以外にどのような生活を送っているのかも気になる点ですよね。京都府立医科大学ではトリアス祭と呼ばれている学園祭が創立記念日の11月1日前後に毎年開催されており、医学部の4回生と看護科の2回生から組織されているトリアス祭実行委員会によって行われています。このように普段の勉強だけでなくイベントごとも学生が主体となって行われており、オンとオフの切り替えができる学生生活を送ることが可能です。
中坊進二が京都に住んでいた際は見渡すとたくさんの大学がありましたが、京都府立医科大学は京都という歴史がある街にあるところも人気の理由であり、他府県から多くの学生が学びにやってきます。一度京都を訪れた際は、観光とともに訪れみてはいかがでしょうか。
"

PageTop

京都の有名国立大学紹介|「京都大学」

京都大学というと国内の中でも一二を争う賢い学生の通う大学です。国立ということもあってか中に入るのをためらってしまう人がいますが、京都にある普通の大学なので一般人でも許可をとれば中に入ることが可能です。中坊進二はこの大学に知り合いがいるということもあって、一回学内見学に行ったこともあります。京大というと、大きな時計台が印象的です。聞いてみると、これは創業当時からあるそうで、大学の移り変わりを見てきたものの一つなのかという風に感じました。特にこの大学にあるレストランは学生向けに人気の本格派メニューが多くそろっており、観光客でも利用できるように一般客の利用も許可しているところが全7店舗あるというのは嬉しいことなのではないでしょうか。このカフェのメニューで学生に特に人気なのはケバブやパフェなどのメニューです。普段食べる機会の少ないインドネシア料理なんかのレストランなんかも学内にあることから、観光で行く際にはぜひ食べに行ってみたいところではあります。中坊進二も一度食べに行ったことがありますが、ケバブ料理などイスラム教で禁止されている食物は使わないというような徹底ぶりで驚きました。もしかしたら大学内のレストランスペースではあまり京都っぽさを感じられないかもしれませんが、留学生でも安心して食事できるようにしている取り組みには驚嘆してしまいます。中坊進二も、京都観光は意外と好きなのでいろんな場所をめぐっているつもりでしたが、このように一つの学校に複数のクオリティの高いレストランがあるというのは知りませんでした。京都に観光に行く際にはこの大学の生徒はどんな人たちなのだろうと胸と高鳴らせていくのがいいと思います。中坊進二も初めて行ったときにはこんな素敵な場所だとは知らなかったので、是非旅行に行くという人にも思っている以上に面白い場所だということを発見していただきたいです。もし、興味がある方がいたら観光ガイドなんかでも案内されていることがあるので、そちらと同時に参考にしてみてください。

PageTop

京都の有名国立大学紹介|「京都府立大学」

"京都には有名大学がいくつもありますが、その中でも落ち着いた雰囲気のあるキャンパスで有名な大学である京都府立大学は一度足を踏み入れてみる価値のある場所でしょう。京都府立大学は北山にメインキャンパスを構える大学であり、最も有名な建物として知られているのが稲盛記念会館です。外観からしてもスタイリッシュで美しいのも、公立大学としては比較的新しい大学であるということが反映されているものと中坊進二は感じます。稲盛記念会館に限らず、モダンな雰囲気を醸し出していて、全体的にキャンパスの美観を重視してデザインされているのが特徴となっています。京都の古い歴史を考えると、1949年に創立したというのは極めて新しいものでしょう。もともとは1895年に創立した京都府簡易農学校が母体となっているのですが、それにしても中坊進二には現代的な印象を受けるキャンパスとしてしか考えられませんでした。
中坊進二が訪問したときの目的は公開講座への参加であり、農業や環境をテーマとした公開講座が有名になっています。桜楓講座と呼ばれるこの公開講座は一般の人も理解できるレベルの言葉で最新の研究状況についての話を聞くことができるものであり、春と秋の二階開催されています。この他にも公開講座が多数開催されているのが特徴であり、府立大学として地域の人に情報発信をしていくということを重視している様子が伺えます。
このキャンパスを訪れることの魅力はこれだけではないと中坊進二は思います。京都府立大学のキャンパスには立派なレストランが入っていて、教職員や学生だけでなく、一般の人も利用できるようになっています。学食というと粗末な印象があるかもしれませんが、スタイリッシュなデザインのレストランが入っているのです。Deli Cafe たまご 京都北山と呼ばれるこのレストランはその景観の良さとデザインが売りのレストランと言えるでしょう。中坊進二のお気に入りスポットの一つとなっています。"

PageTop

京都の有名国立大学紹介|「京都工芸繊維大学」

"京都の国立大学の中でも特色ある教育・研究を行っているのが「京都工芸繊維大学」です。「工芸繊維」と聞くと、工芸品の制作や染物などを想像する方が多いかもしれません。しかし、実際は「工芸科学部」という全国で唯一の学部を有する大学で、科学・工学・芸術をトータルで学ぶことができるのです。工芸科学部はさらに、「生命物質科学域」、「設計工学域」、「造形科学域」に分かれていて、バイオや材料、電子をはじめ、情報や機械、環境、さらに建築やデザインにいたる幅広い分野で、ものづくりを基盤とした「実学」を学ぶことができます。
中坊進二が「京都工芸繊維大学」の存在を知ったのは、京都の宝ヶ池公園に家族で遊びに行ったときでした。宝ヶ池公園には、「子どもの楽園」がありますので、小さなお子様連れでも楽しく過ごせますし、宝ヶ池には貸しボートもあり、池にボートを浮かべてゆったりすることができます。また、ハイキングコースもありますので森林散策をしたりと、休日を思い思いに過ごせるおすすめのスポットです。中坊進二たちが、宝ヶ池公園から歩いて松ヶ崎方向に下っていたときに、たまたま「京都工芸繊維大学」をみかけたのです。そのときには、伝統工芸を専門に扱っている大学かと勘違いをしてしまいました。当時のことを中坊進二が知人に、「京都らしい大学をみかけた」という話をしたときに、初めて、特色のある国立大学だということを知ったのです。中坊進二が訪れたのは、左京区の松ヶ崎にある「松ヶ崎キャンパス」でした。「松ヶ崎キャンパス」には、工芸科学部のほか、附属図書館や伝統みらい教育研究センター、美術工芸資料館や情報科学センター、環境科学センターなどがあります。キャンパスには「大学の塔」と呼ばれるモニュメントがあり、虹のような色調が目を引きます。また、右京区嵯峨には「嵯峨キャンパス」もあり、こちらにはショウジョウバエ遺伝資源センターや生物資源フィールド科学教育研究センターなどの研究施設があるようです。
 
"

PageTop

京都の有名国立大学紹介|「京都教育大学」

"京都には色々な大学が有りますが、その中でも有名な国立大と言えば京都教育大学ではないでしょうか。
実際にそこには大勢の学生が通っていて、教育について勉強しています。

中坊進二自身、実は教員を目指していた事がありました。
学校の先生になって子どもと接したい、そう思っていました。
教員になる為には教員の資格を手に入れる必要がありますが、その為には必要な単位を取得する必要があります。
勿論一般的な大学でも取得は可能ですが、やはり教育についてしっかりと勉強する事が出来ると言う事から教育大は凄くお勧めの場所と言えます。

特に京都教育大学に関しては、京都という地域の良さをうまく反映しているのではないかと中坊進二は思っています。
特に京都自体は歴史に触れる事が出来るので、生の体験をする事も十分可能です。
勿論研究施設なども充実しているので、色々な科目について自分なりに追及する事も十分可能となっていると言っても良いでしょう。
また近くには様々な物が有るので、学内で勉強するだけでなく学校の外でも色々と体験する事が出来ます。、
勿論京都ならではのグルメなども堪能する事が出来るので、学生は勿論観光客としても訪れても損はない場所だと言って良いでしょう。

そんな京都教育大学ですが、実は隣接する藤森神社から続く緑に覆われた大学となっています。
またそこには多くの種類の野鳥が生息しており、様々な自然を堪能する事が可能です。
勿論そこに生えている樹木の種類もとても多く、中坊進二は最初走りませんでしたがこちらの大学の被緑率は全国の国公立大学の中でも2番目に高いのだそうです。
自然に触れながら教育に関しての専門教育を受ける事が出来る大学としても有名で、さらに学部だけでなく大学院への進学者数も多くいます。
教育についてしっかりと極めたい、現在の教育の状況についてもっと詳しく知りたいと思っている人にも十分満足してもらう事が出来る大学なのではないかと中坊進二は思っています。"

PageTop

意外なあの人も京都出身?!京都出身有名人「しずちゃん」

"京都出身の芸能人と言う人は案外いる物ですが、え?あの人がと言う人も実は少なくありません。
中坊進二がそれを聞いて最も驚いたのは南海キャンディーズのしずちゃんでした。

しずちゃんと言えば、山ちゃんと一緒にネタを披露している姿とか、ボクシングを頑張っている姿と言うのは見ていますが、その言葉からどうしても京都と言う単語は中坊進二には出て来ませんでした。
確かにおっとりとしている印象はあるし、何となく物腰も柔らかな感じはしていましたが、やはり言葉を聞くと京都のイメージはない、これが中坊進二の最初の印象です。
じゃあどこの出身かと聞かれても実際には答える事が出来ないのですが、やはり関西のイメージはないかな、と思っています。

さてそんなしずちゃんですが、実は南海キャンディーズを結成する前に他の人とコンビを組んでいました。
それが西中サーキットです。
ただこの西中サーキット自体は相方が引退してしまったと言う事で解散してしまいました。
そして2003年に今の相方であるやまちゃんとコンビを結成し、今に至ります。
それ程テンションが高いイメージのある人ではないのですが、何とも言えない部分をうまく突いてくるのがとても面白いと思っています。
また山ちゃんとの絡みも良く、人気が出たのはごく自然な事だなと中坊進二は納得していました。
ちなみに実は運動神経も抜群に良く、さらに度胸もあるので実際にはアスリートとしてもとても適している人なのではないかと思っています。

中坊進二がイメージする京都出身の芸能人と言うと、やはり言葉のどこかで方言が出てくるイメージが有ります。
その点から行くと彼女はうまくそのイメージを壊してくれているのではないかな、なんて思う事も少なくありません。
最近はあまりメディアで見る事も減ってしまった様な気がする時もありますが、山ちゃんとの絡みはなかなか面白く、そして凄く楽しそうにも見えるので、また山ちゃんンと何かネタを披露している所を見たいな、と中坊進二は思う事が結構あります。
"

PageTop

意外なあの人も京都出身?!京都出身有名人「中澤裕子」

"京都出身の有名人の一人に中澤裕子がいます。1973年6月19日生まれの京都府の福知山市出身です。京都出身というと京都市内をイメージしている人も少なくはありませんが、福知山出身です。高校は府立福知山高校です。同じ高校に元プロレスラーの小橋建太もいます。
福知山高校を出てからは大阪の会社に就職をします。その後、 1997年にはテレビ東京の番組であるASAYANの「シャ乱Q女性ロックボーカリストオーディション」に応募して合格を果たします。この時の合格者は平家みちよでしたのでグランプリには慣れなかったものの5人グループでモーニング娘。を結成します。モーニング娘。でメジャーデビューをするためにCDを手売りで5万枚売ることが条件でしたが、見事5万枚売り切り、メジャーデビューが決定します。その後、テレビをそれほど見ない中坊進二も知るようになりました。モーニングコーヒーでデビュー後、「ふるさと」までは大きなヒットがありませんでしたが、一か八かの大勝負に出た「ラブマシーン」が空前の大ヒットを果たし、国民的アイドルとなりました。
その後、数々のミリオン・ヒット曲を出してきましたが2001年4月にモーニング娘。を卒業、以降はソロ歌手として活動をして行きます。一時期は演歌を歌ったりと活動的に様々なことに挑戦をしていました。
中坊進二は一度中澤裕子さんに会って握手をしてもらったことがありますが、結構小柄な感じの人です。中坊進二が握手から感じたのはファンを大事にする人だと言うことです。握手というと機械的にする人もいますが、そのようなことはなく、忙しい中しっかりと対応してくれたのは中坊進二も感動しました。
中澤裕子さんにとって歌手活動以外に喜ばしい出来事は結婚と出産です。38歳まで独身を貫いていましたが、2012年4月に結婚、その後女児と男児を出産し2児の母になります。普通、アイドルが結婚をすると悲しんだり怒り狂う不安が多いですが、この時は多くの人が『よかったね』という感じで対応していたのは印象的です。"

PageTop

意外なあの人も京都出身?!京都出身有名人「ギャル曽根」

PageTop

意外なあの人も京都出身?!京都出身有名人「本田望結」

"子役の中でもひときわ目立っている子が本田望結ちゃんではないでしょうか。
ドラマやCMだけでなくフィギュアスケートでも見る事が出来るので、とても努力家だなと思う事も少なくありません。
そんな本田望結ちゃんは、実は京都府出身だと言う事をご存知ですか。
中坊進二は全く知りませんでした。

中坊進二の中での京都府出身の人と言うのは、ある程度方言を話すイメージが有ります。
勿論実際には方言を使わない人もいるでしょう。
ただ中坊進二がいままで見てきて、この人は京都出身の人だろうなと思った人はみな方言を使っている人でした。
その点から行くと本田望結ちゃんは方言を使っているイメージはないので、きっと言葉を話す時にも凄く努力をしたのではないかと思っています。

そんな彼女ですが、やはりドラマでの演技はとても光っていると思います。
またかわいらしい笑顔、さらに演技力の高さ、素直そうな様子などもとても良い印象を受けます。
どうしても小学生も高学年になってくると次第に素直な感じではなく少し自分を隠してしまうようなイメージがあるのですが、彼女は本当に色々な事を楽しんでいる、そういう様子を見せてくれていてすごく良い子なんだろうなと感じる事も少なくありません。
勿論これは中坊進二の個人的な意見ですが、中坊進二の中では最も好きな子役の女の子だと言っても良いでしょう。

ちなみに、彼女に関して驚いた事の一つがフィギュアの練習もしっかりと行っていると言う事です。
ドラマなどに出演するとどうしても練習する事は難しく、どちらかがおろそかになってしまう事は少なくありません。
しかし彼女の場合はそうではなく両方とも頑張っているのですごいと思います。
またご兄弟も皆フィギュアスケートをしているので、そういう環境も彼女を奮い立たせているのかなと思う事は少なくありません。
出来れば彼女が京都案内をする番組などを見て見たい、そう思う事もあります。
きっとキラキラしたかわいらしい笑顔を振りまきながら色々な場所を紹介してくれそうです。"

PageTop

休みの日は境内をゆっくり散策しよう!「天龍寺」

"京都には多くの歴史ある建造物がありますが、その中でも中坊進二は「天龍寺」がとても大好きです。
1339年に創建された、とても歴史のある建物で、春には桜が咲き、夏には青々とした木々と空がとても綺麗で、秋には真っ赤なもみじが咲き、冬は枝に雪が積もりとても幻想的な雰囲気になります。

境内には、見どころがたくさんあります。
中坊進二は休みの日に京都へ行くと、必ずといっていいほど訪れる場所で、行くととても心が癒されます。
都心とは離れた自然豊かな場所で、歴史ある建物を見ながらゆっくりお散歩すると、日々の疲れが一気にとれてリセットできます。

見どころがたくさんあるので、これから紹介していきたいと思います。
まずは「法堂」です。
法堂は、説法堂の意で、住持が仏に代って衆に説法する場所といわれています。

次に「庫裏」です。
こちらの建物は、1899年に建立され、七堂伽藍の一つで台所兼寺務所の機能を持つ場所です。

次に「方丈」です。
方丈は、大方丈と小方丈からなっていて、大方丈は1899年、小方丈は1924年に建てられました。
小方丈は書院で多くの部屋が並んでいて、来客や接待など様々な行事や法要などに使われています。

次に「龍門亭」です。
龍門亭は、天龍寺十境の一つである龍門亭を再現したものです。

次に「友雲庵」です。
ここでは、日にちや時間が決められておりますが、その日に行く事ができれば予約なしで、座禅を無料で体験することができます。

次に「曹源池庭園」です。
庭園というだけあって、とても美しい景色を堪能することができるので、中坊進二はここが一番癒されます。

次に「祥雲閣・甘雨亭」です。
祥雲閣は千利休の血脈を伝える表千家にある茶室「残月亭」を写したものです。

次に「多宝殿」です。
ここには、中央に後醍醐天皇の像があり、両端には歴代天皇の尊牌が祀られています。

次に「百花苑」です。
こちらは自然の傾斜に沿って苑路が造られていて、竹林の道などに通じています。

次に「僧堂」です。
こちらは、修行僧の専門の道場になっています。

最後に「精耕館」です。
国際宗教哲学研究所になっております。

京都へ休みの日に行くなら、是非「天龍寺」へ行くことを中坊進二はお勧め致します。

"

PageTop

大人にも子供にも大人気!「嵯峨野トロッコ列車」

"カップルや家族連れで京都に観光に行くのなら是非乗っておきたいのは嵯峨野トロッコ列車です。中坊進二も何度か乗ったことがありますが、やはり、あの景色は別格です。嵯峨野トロッコ列車は京都市の北西に位置する嵯峨野トロッコ駅が始発になっており、終点はトロッコ亀岡駅です。所要時間はおよそ30分ほどになりますが、あっという間に現地に到着をするほど内容は充実したものになります。
嵯峨野トロッコ列車に乗車するためにはまず、嵯峨野駅に行く必要があります(亀岡駅でも構いませんが、嵯峨野駅から乗車する人のほうが圧倒的に多いです)。嵯峨野駅は京都駅から行くならばJR福知山線に乗って嵯峨嵐山駅まで行くか、嵐電嵐山駅まで行く必要があります。中坊進二が乗ったときにはJR嵯峨嵐山駅まで行ってそこで乗り換えをしました。その方が近いからです。中坊進二は行きませんでしたが、すぐそばに渡月橋もありますので、渡月橋観光と合せてトロッコを利用してもいいでしょう。
トロッコ列車は9時から16時の間に1時間おきに出発をしています。なぜなら単線だからです。始発から終点まで行ったトロッコが、5分後に折り返して戻ってくる感じです。ですので、駅についてすぐに折り返すかたちになります。嵯峨野駅から出発する場合には嵐山駅、保津峡駅、終点の亀岡駅という順番に止まっていきます。この中で見所と言えるのは保津峡でしょう。山の中を流れる保津川の上流を鉄橋で横切ります。しばらく保津川と併走する場面もありますので、じっくりと景色を堪能することが出来るでしょう。ちなみに保津峡駅を降りても特に何もありません。お店や民家があるわけでなく、ハイキングコースがあるだけです。終点の亀岡駅は亀岡市から外れたところにあるため、駅の前は一面田んぼが広がっています。特に観光をする場所もありませんので、目的がないときはそのまま乗った列車で折り返すのがいいでしょう。中坊進二が乗った時もそのまま乗ってきた列車で折り返しました。
"

PageTop

いざ映画の世界へ!「東映太秦映画村」

右京区といえば渡月橋がとにかく有名ですが、それ以外にも様々な観光地が存在します。大覚寺や、嵯峨の竹林、妙心寺など。子供から年配の方まで幅広く楽しめる施設といえば東映太秦映画村を中坊進二はお勧めします。中に入ると、徹底して江戸時代の風景を再現してあり、街中の場合でしたら看板や電柱などで現代であることが分かってしまいますが、映画村の中はどこを見回してもそういったものはなく、本当に江戸時代にタイムスリップしたかのような風景になっております。また、頻繁に映画やドラマの撮影が行われており、なかなか見かけることのない俳優さんを間近に見ることができます。もっとも、中坊進二たちを含めた観光客は江戸時代の服装をしているわけではありませんので、中坊進二はそこに違和感を感じてしまいます。しかし、一般客でも本格扮装の体験をすることができ、江戸時代の風景に溶け込むことができるのも大きな魅力です。お子様がいる方は、東映のアニメ関連の施設が豊富なのもうれしいところです。プリキュアと仮面ライダーという人気キャラクターの展示やグッズ販売が豊富なのも特徴です。京都市は147万人の大都市であると同時に観光都市であるため、他の都市と違って土日、連休のほうが観光施設周辺は交通渋滞することが多いです。特に右京区の嵯峨、太秦地域は嵐山経由で桂方面に抜ける以外は三条通、丸太町通りと一条通りしか主要道路がありません。中坊進二は比較的渋滞の少ない一条通りを使っておりましたが、嵯峨から京都市街地の入り口である円町交差点まで一時間かかることもあるくらいですので、連休の行動は時間に十分な余裕をとることをお勧めします。また、太秦映画村は太秦駅から少し歩くのと、少し道が分かりにくいので迷わないようにパンフレットなどを入手してからいくほうが安心です。なお、京都市街からの場合は四条京阪からのバスで映画村の正面まで来ることが出来ますが、他のバスの場合は丸太町通りか、旧区役所のあたりから歩くことになりますので少し不便です。

PageTop

妙心寺七刹の一つとして有名な「龍安寺」

"「吾只足知」吾、只足るを知る。自分の身分や性分を弁えて、常に教えを乞う姿勢を忘れてはいけない(解釈は諸説あります)。これは仏教の教えである説法の一種で、口編を中心に全ての四文字が綺麗に治まる事から、宗派を超えて認知度の高いつくばい(日本庭園の飾り添え物の種類)として有名です。
京都の碁盤の目の様になっている市内中心部から若干西に外れた場所にある龍安寺というお寺にあります。
中坊進二は全く宗教や宗派に関係なくこの言葉の響きが好きで、実際に足を運びました。
京都は大学も多く、単身者用のアパートやマンションなども他府県に比べて比較的多いのですが、この市内を少し外れた西の場所も静かで人気のエリアです。東側に比べて市内中心部までの交通の便も良く、開けているので女性の一人暮らしも安心と評判です。京都は常に観光客で賑わう街ですが、実際に住んだ事のある中坊進二でもその魅力の奥深さに驚愕する程素敵な街だと断言出来ます。
特に見た目だけでなく、それぞれの感じ方次第で堪能できるのが京都の魅力で、龍安寺のつくばいの様に、解釈が人それぞれ異なる物に対しても、思いは十人十色、正しいとか間違っているではなく、静かに自分の心と向き合う事が出来るのが京都の魅力だと思います。
普段は殺伐としたビジネス社会で暮らす中坊進二でも、どこかのお寺に入って腰を下ろすと、雑念が消えとても穏やかで静かな気持ちになる事が出来ます。固執した宗教が無い方がより楽しめるかも知れません。幾つもの寺院に入って、それぞれの教えを学び、自分の心の引き出しにする事で人間としての面白さが増えるものです。
中坊進二もその時々、悩みや考える事が違っても、何かしらのすっきりした気持ちで寺社仏閣を後にする事があります。何かの解決策や糸口が見つかる訳ではありませんが、心を穏やかに落ち着かせる場所として龍安寺などは最高の場所だと思います。
早朝人の少ない時間帯がお勧めです。無になる時間って昨今あまりありませんから。
"

PageTop

嵐山の美し風景を眺めに行こう「渡月橋」

"京都・嵐山と言えば一番に浮かぶのが、渡月橋とその南にそびえる標高375mの嵐山のコントラストではないでしょうか。渡月橋は、嵐山のエリア中心を流れる桂川に架けられた、全長155mの橋です。美しい自然は四季折々の表情を見せ、春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、そして冬は雪といったように、美観の名所として多くの観光客、そして中坊進二もお気に入りのスポットです。
橋の名前の由来に関しては、古くは平安時代までさかのぼります。当時、亀山庭園を所持していた亀山上皇が、晴れ渡る夜空に月が橋を渡っていくように見えた様子から、命名したといわれています。
ちなみに、平安当初は現在地より200mほど上流に架けられていました。法輪寺への通行のために架けられ、当時は法輪寺橋と呼ばれていました。後の世に、橋は度重なる洪水・応仁の乱で焼け落ち、現在の位置に架けられました。1606年、江戸時代の嵯峨野の商人・角倉了以によって建設されたのち、さらに現在の姿となったのは、強化・補修がなされた昭和9年(1934年)のことです。
いつ訪れても京都の四季を感じることのできるのが嵐山・渡月橋です。周辺の嵐山・嵯峨野エリアは京都内でも名所・見所が多く、世界遺産の天龍寺・野宮神社・時雨殿・清涼寺・大河内山荘などがあり、雅なエリアで中坊進二もお気に入りの場所です。中坊進二のおすすめのシーズンとして、春の桜・秋の紅葉ですが、年間を通じて色んな表情が楽しめます。また、ライトアップは12月・3月に行われるため、中坊進二個人的にはこのシーズンはカップルの方におすすめします。最寄り駅は嵐電嵐山本線・嵐山駅、阪急嵐山線・嵐山駅、もしくはJR山陰本線・嵯峨嵐山駅となります。
また、橋の言い伝えとして、西にあり十三詣りでも知られる虚空蔵・法輪寺の参拝した帰りに、橋を渡る際に後ろを振り返ってはならないとされています。せっかく授かった知恵が舞い戻ってしまうとされ、今も信じられています。
"

PageTop