京都のお寺は一味違います~中坊進二~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

中坊進二の京都旅行鹿王院めぐり体験。

中坊進二が京都旅行した際に行く鹿王院は枯水山で有名です。枯水山とは水をもちいらずに石や砂利を使って山水を表現した庭園の事です。水を使わずに山水を表現している姿にうっとりします。
中坊進二は秋に行くことをおすすめしますよ。秋は紅葉とのコントラストで枯水山が美しく映えるからです。鹿王院のおごそかな雰囲気に紅葉はとてもよく似合います。
枯水山に落ちた紅葉が川を流れる山水を表現しているようでとても美しいです。
鹿王院へ行く一本道もとても綺麗ですよ。苔がこんなにも綺麗な物だったのかと思わせてくれます。一本道にそびえる木も1本1本が貴重な物ばかりだそうです。
京都には名所がたくさんあり何度も行きたくなりますね。始めた訪れた時にはふらりと立ち寄った場所でしたが、今では京都に行く際には必ず訪れる場所になりました。中坊進二にとって季節を感じさせてくれる場所です。
ぜひ、京都旅行に行った際には鹿王院で美しい景色を堪能されてはどうでしょうか。

スポンサーサイト

PageTop

紅葉の京都にある蓮華寺に行った中坊進二

京都というと紅葉の季節がとても良いです。特に場所的に少し不便なところにあるので急いで観光したい人には向きませんが、ゆっくり時間を取れる時であれば蓮華寺のお庭で見る夏の緑と紅葉は赤・黄・緑の葉っぱの色のバランスが中坊進二にとってとても好きな良い場所です。
蓮華寺に行くタイミングで人も少なく、人の声が聞こえないところで毎日の慌ただしさを忘れて何も考えずにボーッと時間を過ごすのも最高の贅沢です。
また、風景だけでなく、せっかくの京都ですから蓮華寺の石の仏様にも必ず手を合わせてきます。中坊進二は普段、神様や仏様にはお正月とお盆にしか手を合わせないのですが、ココの仏様はどれも優しいお顔をされていて守っていただけるという感じが特有の空気から伝わり、健康にこうやって旅行をできるのも、毎日小さいながらも幸せを見つけながら楽しく過ごせるのも石仏様のおかげかもしれませんね。
特に京都観光は、コース化された有名なお寺が多いですが、ここは日常を離れて気持ちがゆったりできる場所なので特に皆さんにおススメしたい場所です。

PageTop

中坊進二が観光した京都の龍安寺について

京都の龍安寺を観光しました。
龍安寺の周辺には、日本人の方も多く観光に来てましたが、外国人の方も結構いたので、京都は海外からも注目されいる観光スポットなんだなと実感しました。
龍安寺の石庭は、立って石庭の石を数えてみると15個あるのに、座って石の数を数えると石の数が少なくなっていて、中坊進二には不思議な感じがしました。
観光に来ている日本人の人や外国人の人も、いろんな角度から座って石を数えている姿がとても印象的でした。
石庭から見える桜もとても美しく魅力があり綺麗でした。
観光に来てた人も美しい桜をしばらく眺めている人が結構いました。
鏡容池は湖が鏡のように木を映すのでとても綺麗で美しかったです。
方丈にお土産のグッズがあり、観光客の人達もお土産を求め、方丈にたくさんいました。
観光客の人は、お土産に和菓子を買う人が結構いました。
中坊進二は家族のお土産に、和菓子と絵葉書を買いました。
京都の龍安寺は石庭から見える景色がとても綺麗で素晴らしかったです。

PageTop

中坊進二は京都の善峰寺に先週行ってきました。

"連休だったので先週の土曜日と日曜日で、京都旅行に中坊進二の友達と行ってきました。以前から京都に行きたいと思っていたので、思い切って友達を誘って念願の京都を楽しんできました。
様々な歴史的建造物がある町ですので、どこから観光しようか悩んだ結果、メジャーである清水寺や三十三間堂などを最初はめぐってみました。当然ですが、素晴らしい景色と、歴史の重みを感じる事が出来ました。
それらの中でも中坊進二の中で最も素晴らしい印象が残っているのが、京都市西京区にある善峰寺でした。善峰寺の素晴らしさは何と言ってもその紅葉の素晴らしさにありました。あそこまで素晴らしい紅葉は、初めて見たと言っても過言ではないくらい素晴らしいものでした。また、比叡山や市街を一望できるロケーションにあるため、比叡山の紅葉も楽しむ事だ出来ました。
天然記念物でもある遊龍の松は自然が作り出す圧倒的なスケールに感動しましたし、重要文化財もあり素晴らしいいお寺でした。"

PageTop

中坊進二が京都でおすすめしたいのは妙心寺です。

中坊進二が京都旅行でおすすめしたのは、妙心寺です。妙心寺は清水寺や知恩院なんかと比べると地味な印象がありますが、行ってみたらそんなことないって感じました。
3度目の京都旅行で初めて拝観したのですが、なんといっても天井の竜雲図っていうんでしょうか、あれがすごい迫力です。時が経っても色あせないものなんですね~。
せっかくだから行ったことのない場所に行ってみようってことで、中坊進二たちは軽い気持ちで妙心寺を選んだんですが一度は行く価値ありです。20分おきくらいで案内してくれて予約なしで拝観できたのも良かったです。
それに門は24時間空いているらしく、早朝からの散策にもぴったりでした。
観光スポットとしてもですが、京都の人にとっては日常のお寺さんとして親しまれているんだなあと感じました。
寺院内は施設がいろいろ分かれていて、特別拝観の時期しか見られない場所もあるようでしたので、また違った時期にも訪れてみたいです。それに座禅とか写経も楽しそうです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。