京都のお寺は一味違います~中坊進二~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

京都で春や秋などの桜や紅葉が綺麗な季節、中坊進二は天龍寺をお勧めします。

京都は素晴らしお寺が多いが、お勧めはどこかと聞かれたら中坊進二はいつも天龍寺を勧めています。毎年、春や秋の紅葉や桜が美しい季節には、中坊進二は必ず京都の天龍寺に出かけます。天龍寺は京都の嵐山にあり、世界文化遺産にも登録されているお寺で、法堂の天井に描かれた「雲龍図」がとても有名です。(どこから見ても睨まれているように見える龍の図です)何が素晴らしいかというと、お寺もそうですが庭園がとても美しい。庭園は開山の夢想国師の作庭だと言われています。訪れると分かるのですが、嵐山、亀山をバックに季節によって変わるその姿はなんとも言えない、その景色が池に映る姿がとても美しく、観光客が訪れると多くの人が足を止めて写真を撮っています。春になると庭園内の枝垂桜が美しく、また秋になると紅葉が美しい、庭園は広く園内を散策するのも楽しい。多くの草木が植えられており季節ごとに、違った姿を見せるので、中坊進二はその変化を見るために訪れるのである。

スポンサーサイト

PageTop

中坊進二の京都日記 紅葉の天授庵

京都屈指の紅葉の名所として知られる南禅寺ですが、中坊進二は今年もその南禅寺塔頭で知る人ぞ知る紅葉の名所天授庵に行ってきました。天授庵前の白壁とこぼれおちるように真っ赤な紅葉のコントラストが大変美しくお寺に入る前から足と止めて見入ってしまいます。池泉回遊式の庭には、赤・オレンジ・黄色の様々な種類の紅葉に彩られまさしく錦のようです。方丈東庭は苔に縁どりされた菱形の石畳が並びモダンな印象です。白砂と苔の緑、そして鮮やかな紅葉があまりにも美しいので日常の雑多を思わず忘れてしまいます。紅葉の季節、京都では夜間拝観できるお寺が数多くあります。天授庵もその一つです。あまり知られてはいませんが天授庵は夜になると拝観ルートが変わるのです。昼間は入ることができなかった書院や本堂の中から紅葉を観ることができるようになります。中坊進二が初めて夜間拝観に訪れた時には、昼間の紅葉とは全く別世界のようですっかり魅了されてしまいました。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。