京都のお寺は一味違います~中坊進二~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

中坊進二がオススメする京都の桜の名所の雨宝院の特徴

中坊進二は毎年春になると、京都の寺院や仏閣の桜を観賞することを楽しみにしています。寺院や仏閣によっては、夜に桜がライトアップされて幻想的な世界観を観賞することができます。数多くある京都の桜が観賞できる場所で、中坊進二がオススメする寺院が雨宝院です。雨宝院は、境内が桜で覆い尽くされています。まず枝垂れ桜が迎えてくれて、何種類もの桜をここで観賞することができます。緑色をした珍しい桜の種類もあります。中坊進二は雨宝院で、満開の桜を観賞することも楽しみですが、雨が降ったり、桜が散ってしまった時にも訪れています。散り始めの頃は、桜吹雪を楽しむこともできます。また散ってしまった桜の花びらが、地面いっぱいに敷きつけられて、ピンクの絨毯になっています。その上を歩きながら、春が終わってしまうことを実感できます。そして何種類もの桜があるので、長い間桜を楽しむことができる寺院でもあります。椿の花が残っている時は、真っ赤な椿の花とピンクの桜の花の色のコントラストが見事な風景です。数多くある京都の桜の名所として、中坊進二がオススメするのが雨宝院です。

スポンサーサイト

PageTop

京都のお寺、運祥寺での中坊進二の記憶

京都の運祥寺にお参りした記憶があります。中坊進二のこころの奥に眠っていた記憶だけれど、旅行のアルバムを整理していた時に思い出すことができました。中坊進二は運祥寺のお参りしたのは数年前のことのように思います。残念ながら写真に日付が記入されていませんでした。京都に旅行した日は忘れていまいましたが、運祥寺にお参りしたときの静かで癒されるような感覚は確かにこころのなかに残っていました。京都には、有名ではないけれど立派なお寺は多数あります。このようなお寺を巡りながらいつも思うことですが、お寺を守り代々と伝えていくことはとても重要なことではないかと思うのです。お寺の境内を見てもいつもきれいに掃除がされています。ご住職のかたのお経が聞こえてくるときもあります。そのようななかで中坊進二は京都にある運祥寺をお参りすることができたのは、運命的なものを感じる時がありました。旅行のアルバムを整理しながら、中坊進二はこころに残るお寺に思いを巡らせていました。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。