京都のお寺は一味違います~中坊進二~

京都の有名私立大学紹介|「同志社女子大学」

"中坊進二の知る京都の有名大学といえば、同志社はそのひとつです。中坊進二だけではなく、全国的にも京都といえば、同志社は名門校の一つでしょう。中坊進二が注目をしたのは、同志社女子大学です。中坊進二の知る限り、優秀な大学であり、設立は1876年と歴史のある大学でもあります。キリスト教主義と国際主義、そしてリベラル・アーツをベースに、伝統と柔軟性のある変革の歴史を持ち合わせています。現代では約6,600名もの大学生が学んでいる、女子総合大学です。

京都の同志社女子大学は、創立してから一貫して、ベースにあるのはキリスト教の教えであり、自由と愛の精神を建学の理念としてきています。視野は狭いものではなく世界的な視野に立ち、人類の共生に取り組むというスケールの広さです。

大学の学びのシステムとしては、柔軟性があって多彩の学びがある場所です。教育理念のひとつはリベラル・アーツであり、学生がそれぞれに意欲と個性と思い切り発揮しながら、それぞれの知識を広げることができます。柔軟性のある学習スタイルは、選択肢も広く、広い視野で本質を捉えられるような、想像力と力を養成することができます。

専門性を高めることのできる、カリキュラム編成も充実をしています。専門知識は高度なものを学ぶことが出来るように、段階的に専門科目を学ぶことが出来るカリキュラム編成になります。カリキュラムでは、実践教育を意識しているものもあります。管理栄養士の国家試験や、薬剤師の国家試験など、合格率もとても高いものです。ほかの関わる科目の履修も可能ですから、研究は深みのあるものとなります。

少人数教育は、それぞれの個性を磨いて豊かに知性を高められるように、こうしたきめ細やかなスタイルの指導を行っています。顔の見えるくらいの近い距離で、学生同士も教師も向き合って、グループワークやディスカッションも行います。こうして論理的思考力や主体性、それにコミュニケーション力やプレゼンテーション力などをレベルアップさせていきます。大学の4年間にわたる学習で、しっかりと身につけていくことが可能です。


"

スポンサーサイト

PageTop

京都の有名私立大学紹介|「同志社大学」

"同志社大学は関西の有名中坊進二立大学であり、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学などの関関同立とよばれる難関大学とされています。また中坊進二立、国公立大学がたくさんあり学問の街である京都にキャンパスがあるため、多くの受験生の憧れの学校となっており、毎年多くの方が入学を志願します。学部は神学部、文学部、社会学部、法学部、経済学部、商学部、政策学部、文化情報学部、理工学部、生命医科学部、スポーツ健康科学部、心理学部、グローバル・コミュニケーション学部、グローバル地域文化学部があり、研究科には神学研究科、文学研究科、社会学研究科、法学研究科、経済学研究科、商学研究科、総合政策科学研究科、文化情報学研究科、理工学研究科、生命医科学研究科、スポーツ健康科学研究科、心理学研究科、グローバル・スタディーズ研究科、司法研究科、ビジネス研究科、脳科学研究科があります。これらを見ただけでわかると思いますが、学部数が多く基本的な学部はもちろんのこと珍しい学部まで揃っているマンモス大学であるといえます。また大学の多い京都にある中坊進二立大学として気になることが学園祭ですが、こちらの大学では今出川キャンパスで行われる同志社EVEと京田辺キャンパスで行われる同志社京田辺祭りの2つがあります。今出川キャンパスは学生が催しているブースが多数あり、食べ物から手作りのもの、フリーマーケットまで何でも揃っており学生らしい個性的なものまであるので、学園祭に行くことをおすすめします。さらにライブや展示会、芸能人のトークショーなどが毎年開催されており盛り上がりを見せています。大学によってはその大学に通っている学生と保護者以外出入りすることができなかったり、出入りは誰でもできるけれど芸能人のライブやトークショーのチケットの一般販売がなかったりすることがありますが、こちらの大学は他大学の学生や高校生など誰でも自由に出入りして楽しむことができます。ぜひ一度訪れてみて京都の中坊進二立大学らしい建物や雰囲気を楽しんでみてはいかがでしょうか。
"

PageTop

京都の有名国立大学紹介|「京都府立医科大学」

"京都府立医科大学は京都にある国立大学で、学部が医学部と看護学部の2つがあり、医師や看護師を目指す多くの学生が学んでいます。こちらの大学は単科大学であるため、京都にある中坊進二立大学や総合大学のように学生がたくさんいるということはなく、一学年100人程度だとされています。中坊進二は人数が少ないと少し寂しい気もしますが、こちらの大学に通っている学生の多くが将来医療系の仕事に就くため一生懸命に勉強をしているので、目標が同じ仲間と一緒に勉強をすることができます。このように将来の目標が決まっていると大学の4年間で学べることは学んでおこうという精神が生まれるので、勉強をする環境としては非常に良いと中坊進二は思います。一学年の学生数が少ないこともあり、ほとんどの学生同士が顔見知りになるため切磋琢磨していくことができる点がこの大学の魅力といえます。また国家試験に通れば病院へのバックアップ体制も整っているため就職率は90パーセント以上と、高い確率で医療系の仕事に就くことができています。単科大学ということもあり、研究内容や授業でも医療にかんすることを学ぶため、国家試験の合格率も高い水準を保っています。また学生が勉強以外にどのような生活を送っているのかも気になる点ですよね。京都府立医科大学ではトリアス祭と呼ばれている学園祭が創立記念日の11月1日前後に毎年開催されており、医学部の4回生と看護科の2回生から組織されているトリアス祭実行委員会によって行われています。このように普段の勉強だけでなくイベントごとも学生が主体となって行われており、オンとオフの切り替えができる学生生活を送ることが可能です。
中坊進二が京都に住んでいた際は見渡すとたくさんの大学がありましたが、京都府立医科大学は京都という歴史がある街にあるところも人気の理由であり、他府県から多くの学生が学びにやってきます。一度京都を訪れた際は、観光とともに訪れみてはいかがでしょうか。
"

PageTop

京都の有名国立大学紹介|「京都大学」

京都大学というと国内の中でも一二を争う賢い学生の通う大学です。国立ということもあってか中に入るのをためらってしまう人がいますが、京都にある普通の大学なので一般人でも許可をとれば中に入ることが可能です。中坊進二はこの大学に知り合いがいるということもあって、一回学内見学に行ったこともあります。京大というと、大きな時計台が印象的です。聞いてみると、これは創業当時からあるそうで、大学の移り変わりを見てきたものの一つなのかという風に感じました。特にこの大学にあるレストランは学生向けに人気の本格派メニューが多くそろっており、観光客でも利用できるように一般客の利用も許可しているところが全7店舗あるというのは嬉しいことなのではないでしょうか。このカフェのメニューで学生に特に人気なのはケバブやパフェなどのメニューです。普段食べる機会の少ないインドネシア料理なんかのレストランなんかも学内にあることから、観光で行く際にはぜひ食べに行ってみたいところではあります。中坊進二も一度食べに行ったことがありますが、ケバブ料理などイスラム教で禁止されている食物は使わないというような徹底ぶりで驚きました。もしかしたら大学内のレストランスペースではあまり京都っぽさを感じられないかもしれませんが、留学生でも安心して食事できるようにしている取り組みには驚嘆してしまいます。中坊進二も、京都観光は意外と好きなのでいろんな場所をめぐっているつもりでしたが、このように一つの学校に複数のクオリティの高いレストランがあるというのは知りませんでした。京都に観光に行く際にはこの大学の生徒はどんな人たちなのだろうと胸と高鳴らせていくのがいいと思います。中坊進二も初めて行ったときにはこんな素敵な場所だとは知らなかったので、是非旅行に行くという人にも思っている以上に面白い場所だということを発見していただきたいです。もし、興味がある方がいたら観光ガイドなんかでも案内されていることがあるので、そちらと同時に参考にしてみてください。

PageTop

京都の有名国立大学紹介|「京都府立大学」

"京都には有名大学がいくつもありますが、その中でも落ち着いた雰囲気のあるキャンパスで有名な大学である京都府立大学は一度足を踏み入れてみる価値のある場所でしょう。京都府立大学は北山にメインキャンパスを構える大学であり、最も有名な建物として知られているのが稲盛記念会館です。外観からしてもスタイリッシュで美しいのも、公立大学としては比較的新しい大学であるということが反映されているものと中坊進二は感じます。稲盛記念会館に限らず、モダンな雰囲気を醸し出していて、全体的にキャンパスの美観を重視してデザインされているのが特徴となっています。京都の古い歴史を考えると、1949年に創立したというのは極めて新しいものでしょう。もともとは1895年に創立した京都府簡易農学校が母体となっているのですが、それにしても中坊進二には現代的な印象を受けるキャンパスとしてしか考えられませんでした。
中坊進二が訪問したときの目的は公開講座への参加であり、農業や環境をテーマとした公開講座が有名になっています。桜楓講座と呼ばれるこの公開講座は一般の人も理解できるレベルの言葉で最新の研究状況についての話を聞くことができるものであり、春と秋の二階開催されています。この他にも公開講座が多数開催されているのが特徴であり、府立大学として地域の人に情報発信をしていくということを重視している様子が伺えます。
このキャンパスを訪れることの魅力はこれだけではないと中坊進二は思います。京都府立大学のキャンパスには立派なレストランが入っていて、教職員や学生だけでなく、一般の人も利用できるようになっています。学食というと粗末な印象があるかもしれませんが、スタイリッシュなデザインのレストランが入っているのです。Deli Cafe たまご 京都北山と呼ばれるこのレストランはその景観の良さとデザインが売りのレストランと言えるでしょう。中坊進二のお気に入りスポットの一つとなっています。"

PageTop